沖縄旅行の注意点

天候面で気を付けておきたい事

沖縄旅行をする際は、ただ単に現地で楽しむ事を考えるのではなく、様々な点に気を配る必要が出てきます。その代表的な点が天候面ですが、梅雨前線が停滞したり、台風が通過する5月から秋にかけては細心の注意を払わなければなりません。沖縄県内の離島と沖縄本島を結ぶのはフェリーや航空機が一般的で、フェリーに関しては波浪注意報が発令されれば欠航になる可能性があります。更に、大型台風が接近する場合は数日間にわたって波が高まる事も不思議では無く、その際は現地に何日も滞在しなければなりません。フェリーの欠航が心配な時は、出来る限り航空機の移動にしておくのが良く、フェリーの利用は航空機が就航していない路線に限って使用しておく事も考えておきましょう。

交通面で気を付ける事は何か

沖縄県内の観光客の移動は、モノレールが沖縄本島南部で走っている以外は路線バスかレンタカーで行うのが一般的です。特に、沖縄本島は自動車社会となっている関係で、南部を中心に交通渋滞が激しい事が有名ですが、その際に気を付けたいのが数十分レベルの遅延です。沖縄到着後の移動で気にする事はないものの、旅行最終日に空港移動をする際は余裕を持って行動しなければなりません。仮に、搭乗手続きに間に合わない時は、次の便への振替手数料が掛かってしまったり、LCCだと一部のチケットは払い戻しに応じてもらえない事があります。大雨が予想されるシーズンに搭乗する時は、チケットの振替が出来る料金プランで予約しておくのが良いでしょう。

沖縄ツアーは、様々な観光名所を巡れる日帰りバス商品が人気です。城跡・買い物スポットなどに行けるので、沖縄の魅力を満喫出来るでしょう。

© Copyright Summer Vacation Trip. All Rights Reserved.