沖縄旅行の宿泊事情

沖縄旅行の宿泊パターン3つ

沖縄旅行に日帰りで行く人はいないと思うので、必ず宿泊することになります。知人の家に泊まるというのは別として、宿泊先としては大きく3つ考えられます。1つはリゾートホテル。主に本島中部の海辺沿いに建つちょっと豪華なホテルです。ホテルにビーチがある場合も多く、食事も買い物もホテル内でできるので、ただ海辺でのんびり過ごしたいという人にはおすすめ。もう1つは、那覇近郊のホテルです。ビジネス向けから家族向けまで幅が広く、料金的にも選択肢が広いです。ホテルを起点にいろんなところにでかけたい人におすすめ。最後にゲストハウス。個室ではなく、ベッドが並べてある簡易宿泊施設です。主にバックパッカーや長期滞在者に人気。プライベートは確保できませんが、安く他の旅行者たちと交流したい人にはおすすめ。

沖縄の宿泊施設は激戦区

沖縄は日本人だけではなく、近隣の台湾、中国などからの旅行客にも人気です。そのため、沖縄に数多くある宿泊施設でも時期を問わず予約を取りにくい状況になっています。沖縄旅行に行くなら、はやめはやめにホテルを決め、予約を入れておかないと、航空券は買ったのに泊まるところがないという状況になりかねません。最悪の場合ネットカフェで夜を過ごすことになるでしょう。それと、レビューは必ずチェックしたほうがいいです。特に中国人旅行者が多い宿泊施設だと、騒がしくて夜に眠れないというトラブルにあう可能性もあります。また、格安のホテルをとったけれど、行ってみたら風俗街の真ん中にあったということも。そのホテルがどんな場所にあるのかも調べておきましょう。

何かとバタバタしがちなファミリーでの旅行なら、沖縄を経由して飛行機やフェリーで向かうよりも、本土の空港から直接久米島へ向かうことのできる、直行便の久米島のツアーが便利です

© Copyright Summer Vacation Trip. All Rights Reserved.