沖縄までのアクセスと旅行中の交通手段

沖縄本島までは飛行機で

沖縄旅行は基本的には沖縄本島の那覇空港が起点となります。那覇空港までは、各都市の空港から飛行機で行くことになります。那覇までは、成田空港、羽田空港からはおよそ2時間半、関西国際空港からはおよそ2時間、福岡空港からは1時間半ほどです。那覇までの飛行機代を安くあげたいという場合は、やはりLCC=格安航空会社がおすすめ。バーゲン時の最安値だと片道5000円程度で買えてしまうこともあります。ただし、ゴールデンウィークや夏のピークシーズンに行くときは注意が必要。需要が高い時期だと、LCCのほうがレガシーキャリアの航空券より高くなるという現象も起きていますから、LCCとその他の航空会社との価格を比較してから購入するのが大切です。那覇空港に着いてからは、ゆいレール、バス、タクシーなどで目的地に向かいます。

沖縄本島の移動の仕方

沖縄旅行の目的地が那覇市内であれば、移動はバスかゆいレールを利用するのが便利です。ゆいレールは那覇空港から首里まで那覇市内を縫うように走っており、またフリー乗車券も販売されているので、あちこち移動するのには最適です。ただ、ゆいレールの駅は観光スポットから離れている場所も多いため、例えば首里城などは路線バスを利用したほうがより近くまで行ける場合もあります。

那覇市外へは、高速バスを利用する方法、市街のホテルに泊まり送迎バスに乗せてもらう方法、レンタカーの利用などがあります。高速バスは割高ではありますが、確実で安全です。沖縄は車社会で、独自のマナーのようなものがあります。例えば、沖縄では譲り合いが当然なので、ふいに隣の車線から割り込んでくることがあります。車の運転に慣れていても、地元ルールをわからない人は、レンタカーは避けたほうがいいです。

鹿児島県の離島である与論島の旅行。美しいビーチのみならず、ダイビングも楽しめます。透明度抜群のサンゴ礁の海には美しい熱帯魚がたくさんいます。

© Copyright Summer Vacation Trip. All Rights Reserved.